亀頭ブツブツ除去は原因が色々ある!原因と治療の値段をご紹介

亀頭をよく見るとブツブツができていることがあります。特に気にしていないのに、見つけてしまうと気になって仕方がありません。何が原因で、どうすれば治るのか心配になります。そのまま放置しておくのはとてもリスクがあるので、注意しましょう。

気になるようであれば、亀頭ブツブツ除去を実施することも視野に入れて対応を検討しましょう。絶対にやってはいけないのが、個人で対応することです。医療機関に相談して、適切な方法で亀頭ブツブツ除去をした方が安心です。間違った方法で、とんでもないトラブルに発展する恐れもあります。

亀頭がブツブツしている原因

亀頭ブツブツ除去が必要な症状には、2つの原因が考えられます。一つは感染症によるものです。尖圭コンジローマと呼ばれるもので、ヒトパピローマウイルスと呼ばれる細菌が増殖することで発症します。その症状は、鶏のとさかやカリフラワーなどと形容されます。性行為によって完成しますが、普段の生活では問題ありません。一緒にお風呂に入ったぐらいでは問題ありません。

女性にも感染するので、発症中の性行為は避けましょう。放置すると癌につながる恐れがあるので注意が必要です。放置せず医療機関を受診しましょう。 もう一つは真珠様陰茎小丘疹と呼ばれる症状です。尖圭コンジローマ感染症とよくにているので、間違える人が多くいます。これは感染症ではないのでうつることはありません。生理現象なので、何もしなくても人によって発症するものです。

男性の場合は亀頭の周りに乳頭状のブツブツが無数にできます。皮膚の下にある皮脂が透けて見ているもので、基本的に無害です。フォアダイスと呼ばれることもあります。痛みもないので見つけるまでは気がつきません。性行為で違和感があって気がつく人も少なくありません。傷ついてしまうと、そこから細菌が入り込む恐れがあるので注意が必要です。

亀頭ブツブツ除去の実施方法

フォアダイスや真珠様陰茎小丘疹を改善するためには亀頭ブツブツ除去を行う必要があります。見た目にもよくないのはもちろんですが、異物であることは事実で、何らかの外傷でキズつくと厄介です。ニキビとは違うので、自分で勝手にに潰すようなことはやめましょう。 まず重要なことは尖圭コンジローマではないことをはっきりさせる必要があります。治療方法が全く異なるため、間違った対応を指定しまう恐れがあります。

他人に感染させる恐れもあるので、注意が必要です。 フォアダイスや真珠様陰茎小丘疹であれば、亀頭ブツブツ除去が可能なので、気になるようなら検討しましょう。必ず治さなければいけないものではないので、治療前に必要性についてしっかりと判断しなければいけません。 治療方法には、レーザーメスや電気メスを利用する切除があります。

刃物で切断すると出血が心配ですが、レーザーや電気などを使うと切除と一緒に凝固できるので、出血の氏の愛がありません。そのようにして、気になる部分を潰していきます。そのほかには液体窒素によって凍結して切除することも可能です。こちらの方が広範囲に治療することが可能です。発症している患部の大きさによって判断されます。

亀頭ブツブツ除去するにはいくら必要?

亀頭ブツブツ除去を希望している人は、事前に見積もりをとっておきましょう。この施術については保険が適用されません。よって全てが自己負担ということになります。これも治療を受けていない人が多い理由の一つです。 フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹は厳密には異なる病気になります。フォアダイスは、陰茎そのものに発症するもので、亀頭にはあまりみられるものではありません。真珠様陰茎小丘疹の方はカリ周辺に規則正しく並びます。

このように違いはありますが、治療方法は同じです。 治療は自由診療なので、値段は実施する医療機関が決定することになります。それが保険適用と異なる大きな部分です。費用はその範囲にもよりますが、1範囲4万円から5万円が相場の値段になります。この中には麻酔代や検査代、軟膏などの値段も含まれていることがほとんどです。

1範囲の値段なので、範囲が広くなるとそれだけ施術回数が増えます。範囲も医療機関によってまちまちなので、治療を決定する前にいくらかかるのか値段をはっきりした方が良いでしょう。カウンセリングの時に、範囲を確認し、どのぐらいに分割する必要があるのかが分かれば、大体の値段がわかります。

PRホームページ
メンズサポートクリニック新宿・横浜
【新宿院】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
【横浜院】
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階
【予約相談】
0120-215-007 (24時間対応)

亀頭ブツブツ除去手術の予算を知りたい方はこちらのサイトへ
電話、メール、カウンセリングにてご相談お待ちしています

まとめ

亀頭にブツブツができていたら心配になるのは当然です。まずは感染症ではないことが分かれば安心です。あとは亀頭ブツブツ除去を実施するかどうかを決めれば良いだけです。普通に生活している分には特に支障になりません。

手術を実施する基準としては、自分やパートナーがその応対に耐えられるかということです。病気とは言え、悪化して癌化するリスクもないので、そのまま維持することも選択肢の一つです。なかなか簡単に実施することは難しく、多くの人が悩むようです。万が一傷つけてトラブルになっても困ります。あらゆるリスクを考えると、亀頭ブツブツ除去をした方が安心でしょう。